スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年05月31日

ちょっとだけ工夫。




仕事柄ハングルを覚える機会が増えそうな好季です。
といってもアシスタントに入らせて頂くわけで、お客様との直接の会話の機会なんて滅多にないでしょうが……。



普段サバゲではダンポーチというものを一切使わない自分です。
いや、あるといえばあるんですが、非常に使いづらいものでして……。
というよりただのブットパックなので、迅速に空マグをしまうにはちょっと使いづらいということもあり、使い終わったマガジンは、開いたマグポーチに突っ込んでいました。

でもいい加減ファストマグやらオープントップになったことだし、ちゃんとしたダンポーチ買おうかな?

時々ですがメディックポーチに空マグを突っ込んでいる方を見かけます。
確かに二、三本くらいなら突っ込んでおくには丁度良いかも?

しかし
メディックポーチはメディックポーチ!
ダンポーチはダンポーチ!
という訳のわからんこだわりがあるので、ダンポーチ代わりには使わない主義です。

とかいいながらメディックポーチに入っているのものといえば、冬用手袋とパラコード。
全然メディック関係ないです……。
まあ膨らめばいいんだよ。




















もう言ってる事めちゃくちゃ……。

で、今回はこのメディックポーチにちょっとした工夫をしようと思います。

というのも自分のメディックポーチは、元からなのかそれともたまたまなのか、走っている最中にどんどんジッパーが開いてきてしまうという困ったちゃんです。






























ポーチのジッパーを全開まで開くと、ガバッと綺麗に上左右開いてご開帳できるくらいに口が広いです。
つまり走っている最中ポーチが開くと中のものが一つ残らず綺麗に出て行くなんてことも……。


じゃあ、ジッパーが開く限度を作ってやればいいじゃない!

パラコードをちょきちょきして、クリップに通して、ハイ完成!!!(適当)



























途中コードがぷらぷらしないように、MOLLEに通してます。

こうするとー

ここまでしか開かなくなりまーす。



























ポーチ自体が右側の背中寄りにあるので、右手を後ろに回せば、ジッパーを開けられる上に開けすぎることもなく中のものが取り出せるということです。

中に何をしまってあるかは置いといて。

とりあえず使いやすくはなりました!



あぁー、サバゲしたい……。
  


Posted by 好季  at 01:49Comments(0)装備

2011年05月24日

ちょっとリアル八九式



休みの日が多くなったのでサロンでのアルバイトを探している途中の好季です。

東京マルイの新製品、前から噂になっていた例のショートバレルのAUG。
次世代を期待していたんですが、やっぱりハイサイでしたね
個人的にはちょっとだけ残念です(´・ω・)

その他にも多数新製品がずらりと登場しているようで、これからもマルイさん製品が楽しみです。
いつか六四式小銃を次世代で出してくれることを祈ってます……。



八九式小銃を弄繰り回して早三週間。
現職の方々やサバゲーユーザーにも大不評な右側セレクター操作にも慣れ初めて、そろそろ実戦でも頑張れる気がしてきました。
といっても最近はめっきりとサバゲから遠のいてしまってますが……。

そんなこんなで、八九式の金属被筒を中古でゲットしました。
単純に言えばスチールハンドガード
Right製で、八九式をよりリアルに近づけるためのものです。



















ちなみにうちの純正ハンドガードにはこんな穴があいてます。
まるで弾痕のような……。

































なぜこんな傷があるのかといいますと
我がチームの某隊員が、フィールドにあった小石をガンガンとぶつけまくり穴を広げ、そこからコネクターを引きずり出して外部バッテリー化しようとしたからであります。

ちなみにバッテリーは手拭いで縛って固定する予定だったそうです……。


……(´・ω・)
いや別に傷自体は全く気にしないのでいいんですが、まあハンドガードが丁度安かったので……。
それに純正ハンドガードの場合、サイドレイルを装着しようとすると中のバッテリー受けに干渉してうまく
入らないそうです。
フロンティアさんのレイルハンドガードを装着する気もあまりないので、それならスチールのほうが、ということで購入しました。


無骨な鉄っぽさが渋くて格好いいです!


















純正ではダミーだったビスも金属製はちゃんと再現されてます。




























中古なので錆びがありますが、それも逆にいい感じです。


本体に装着する時にレシーバーの先に引っ掛ける爪部分が、純正よりも幅が長いです。
ここは特に装着しづらいとかの干渉はしませんでした。



























純正と金属を比較。

純正はすっきりとしてますが、金属は凹みというか、角度が付けられています。


















装着した結果思ったほど重量の変化もなく、見た目も渋いです。
ただ夏場なんかはお日様の元に晒しておいたら、グローブなしでは触れそうにないくらい熱くなりそうですが……。

上から見た図と下から見た図。


























































おおう、大胆な隙間……。(゚Д゚;)

下の隙間は後でアンダーレイルを装着するから、まあいいかな。
上は下よりかは酷い隙間ではないので気にしません。ロングレイルで隠せるけど、別にPEQを装着する気もないのでいりませんね。



ともかくこれからどんどん暑くなって夏場にはガスブロが大活躍する季節なので、そろそろ不調のまま放置していたグロックも直してあげたいと思います

  


Posted by 好季  at 21:34Comments(0)八九式5.56mm小銃

2011年05月18日

八九式FALスタイル




最近学校関連で出費が多すぎる好季です。
初めてあんな高級な化粧品買わされました。



はい。今回も八九です。
いつまでも陸自にこだわってないで、いい加減に警察装備に走れクズ野朗と自分に言い聞かせつつも、いまだに踏み切れていない自分です。

今回はようやく外れたドットサイトを記念に色々と仕様を変更して遊びました。

「ようやく外れた」というのも、六角ネジがmm規格ではなくinc規格なので、通常のレンチでは外せずに放置したままでした。
そして学業のほうも学科だけではなく実技中心なのでなかなか忙しく買いに行けず……。


削りました


















買いに行けよ
と誰もが心の中で思ったでしょうが
時間も小銭も買いに行く気もなかったので削りました。
どうせ百均だし、2セットあるし、加工というか調整時間はだいたい五分。

かんたーん!
お金かからなーい!


はい、そんなこんなで外れました。

長年付けっぱなしだったせいか、すーごいどろどろです……。しかもなんだかベトベトしてる
なんだろうこれ……。
ちなみに草っぽいのはテツのギリーの麻です。
散々撒き散らしていたので、恐らくそうでしょう。
















ではすっきりと外れたところで
さっそくホロサイトを乗せてみます。




























これは人それぞれ好みはわかれそうです。
自分的にはチューブ式のドットサイトでもホロサイトでも格好いいと思います。


正面から

















お次はスコープ。





































スコープはハイマウントではないので、リアサイトを外しました。

そしてバレルはVFCのHKのものを装着して延長!
インナーバレルはそのままなので、あんまり意味はないんですけどね(´・ω・)



ゲリラっぽく






















































これで偽造網巻きつけてギリーなんてしたら完全にマクミラン大尉仕様ですね。
陸自版マクミランとかやってみたいなぁ


シュマグでシルエットを隠してみる。





















バイポッドがあるとやっぱりいい感じですね。



そしてちょっとFALっぽい八九式。


























バレル延長して二十連マガジン装備すると、全体的にすっきり見えてとってもFALっぽいです。
遠目から見ればなんとなく……。




























このスタイル長い割には軽くて使いやすいです。
フォークランド紛争っぽい感じで、イギリス軍迷彩とか着てみようかな


  


Posted by 好季  at 19:15Comments(4)八九式5.56mm小銃

2011年05月10日

ファストマグとバンジースリング



そういえば、ファストマグを買ったことをすっかり忘れてました。
89式に夢中で頭からすっぽりと抜け落ちてたのか……。




























装着するとこんな感じ。
マグプルのDVDに習って左サイドに装着しました。
本当は腰に装着したほうがいいんですが、ほとんどベルトを装着しないので……。
実際にベストを着てみてやってみると、なるほどやりやすいです。
ビアカングリップでマガジンを手全体で握るように掴めるので、通常のポーチよりも抜きやすいです。


斜め前から


























こんな感じ。
いいねぇ(´・ω・)


それからバンジースリングを肩パッド部分に通してみました。
はい、流行に乗っかってみた感じです。
しかしいざライフルを吊り下げてみると、重みでバンジーが伸びて銃口が下に着きそうです……。
一番短くしてみても、その分構えづらいし……。


















やっぱりこういうのはM4系みたいにストックパイプの根元に装着したほうがいいですね!
だからといって89式にM4ストックを装着したりはしませんが……(´・ω・)

  


Posted by 好季  at 01:16Comments(0)陸自装備

2011年05月08日

T6装着



八九式にフラッシュライトを装着してみました。

レイルシステムがハンドガードにないので、バレル直付けで。

ライトはG&PのT6です。
随分前に3000円ほどで購入しました。
















んんー。悪くな……い?
いや、やっぱり微妙です。斜めってるし
レイルハンドガードにするか、ハンドガードに装着できるレイルを買うか、どっちか悩み所です(´・ω・)

正面から

















ライトが邪魔してバイポッドが外しづらいという、まさかの事態……。
しかもM4と比べて八九式はバレルが細いので、ライトを装着するアタッチメントをぎりぎりまで締めないとぶらぶらと揺れてしまいます。

いいことあんまないなぁ……。
うん、やっぱりレイルシステム買います。

  


Posted by 好季  at 19:35Comments(0)八九式5.56mm小銃

2011年05月07日

バイポッド ワイヤーカッター



八九式が装備に加わってから色々と構えてみたり分解してみたり、細かいところを隅ずみまで身体検査させていただきました。
ひん剥いてやるぜ(`・ω・)!!


ワンタッチで取り外し可能なバイポッド

















このバイポッド実際射撃の際には使わないそうです。
要は銃を地面に置く際に単純に「足」として使うんだとか。
バレルに直に装着してあるからでしょうか?

このバイポッド。ずーっと見てて思ったんですが……。
何かに似てると思いませんか?



……。

………。

…………。


これに。


















ワイヤーカッター。

なんだかパカパカいじってて、単純に思いました。

そういえばハートロッカーでも使ってましたね。

















ブラボー中隊の最後の爆弾処理の際に爆弾ベストの鍵を壊す際に使ってました。

ギャンボーが力の限りワイヤーカッターで鍵をぶっ壊してます。



































いつかこのバイポッドつかって陸自ハートロッカーごっこやってやるんだ(´・ω・)

うおおおおお!!
って叫びながらバイポッドで南京錠壊そうとするフィールドの痛い子……。



  


Posted by 好季  at 19:41Comments(4)八九式5.56mm小銃

2011年05月04日

プライマリーウェポン


昨日は通常戦→夜戦→キャンプと恒例のお泊りサバゲでした。
極寒の夜を眠れずに過ごしたため、少々気分とその他諸々が最悪です……。

やっぱり昔からの仲間内でのサバゲが一番楽しいです!
残念ながら写真はほとんど撮ってません……。携帯の電池が切れてしまったので

↓唯一の写真。



































翌日には大量の灰が溜まってました……。
なってったって大谷石が赤く変色するまで火力が高かったわけですから


そんな昨日のゲームではナイトビジョンなしで久々の夜戦をしました。
多分去年の今頃が最後にやった夜戦だと思います。
いつも通り背中に輪っかのサイリウムをチームカラーに分けて装着してゲーム開始。

やっぱりフラッシュライトもトレーサーもなしじゃ、ろくに照準も合わせられませんね……。
いつかPVSが欲しいもんです

雨の中の夜戦の後は恒例のBBQ開始。
まあみんな飲むわ飲むわ。最終的に何故か泥レスが始まりました……。
なんだかベトナム戦争やらの白兵戦を髣髴とさせる戦闘でした



さて、本題ですが

念願の八九式小銃折畳式銃床を手に入れました。
中古で一万円ほど。
特に動作不良もなし。強いて言うならば傷が少しある程度ですが大抵の傷は気にしません自分。


















隅ずみに砂や泥が詰まっていたので、分解してお掃除開始。
















初の八九式分解(´ω`*)


ボルトをを戻すためのスプリングがなく、色々と削られていたのでボルトは最後まで開く使用になっています。
手動で元に戻すしかありませんが
















そんなこんなでボディーの掃除は終了。




























後でメカボも掃除してみましょうかね。


やっぱりM4系と違いフィールドストリッピングは工具なしではできないみたいです。
でもやっぱり格好いいなぁー(´・ω・)

このラインがたまらない!!



























特殊作戦群あたりはM4カービンを使用しているという噂があるみたいですが、やっぱり自衛隊といえば八九式でしょう!!


これからはちょいちょい八九式もメインで使っていこうと思います。
  


Posted by 好季  at 22:00Comments(6)八九式5.56mm小銃

2011年05月01日

帰還



どうも皆さんお晩です。

新しく通い始めた学校という名の養成所も始まり、毎回毎回鬼のような……とても厳しいメイクの講師の方にびくびくしながらヘアメイクを勉強しています。
そろそろヘアサロンでアルバイトも始めようと思うので、しばらくは忙しい日が続きそうです。


さて今回はゴールデンウィークを利用して実家に帰ってきました。

本当は一日にゲームの予定だったのですが、残念ながら雨で中止に……。
この日は実家の茶介(いぬ)も心なしかどこかしょんぼり。


















ただ昼には雨が止み、毎日の日課の日向ぼっこ&昼寝を堪能してました



三日はデイゲーム&ナイトゲームからの飲み会になるので、体力とテンションを今から温存しないといけません。
と言っているそばから前日に高校のときの友人達と飲みの予定が入っていますが……。
まあ多分大丈夫でしょう。(`・ω・)


さて、ゲームの前日に市内に一件しかない唯一のガンショップに行くと必ずと言っていいほど、ホームフィールドのメンバーの誰かしらと会います。
……みんな考えることは同じですね。現に2人ほど知り合いと遭遇しました(´・ω・)

自分はバッテリーと弾薬の調達に来たはずなんですが、なぜだか買ったものはファストマグ……。


















ライラのもので、値段は2000円ちょい。
値段の安さと品質が比例するとかどうとかは知りません。使えればいいんです。

ただ装備関連を陸自迷彩を除いて全て置いてきてしまったので、うちのサイラスに装着しようともできません。
向こうに戻ったら早速ドレスアップさせてあげる予定です。


三日は初代の装備であるP90を思う存分に暴れさせますよぉー。

 ウヒョイ!!
\(´・∀・`)/
  


Posted by 好季  at 23:32Comments(0)装備