スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年10月31日

暗視装置



陸上自衛隊の個人用暗視装置、いわゆるナイトビジョンゴーグルですね。
米軍が使用していた単眼タイプのPVS14のライセンス生産で、JGVSとして配備されてます。

アメリカでは現在サーマルビジョンに切り替えられるPSQ20やら

四眼のあれやら……


もうかっこよすぎですね



NVGのマウントだけでも大分栄えるので、買おうか悩んでいたところなんですが
マウント以外にもフルプラのレプリカが安く売られていたので勢いでどちらも購入しました。
なんとアームと本体あわせて二千円!!破格です。

さっそく手持ちの陸自MICHに装着!!


どーん。



どどーん。



どどどーん!!




渋谷の裁縫店でクリップも買ってきました。
ワンタッチで取り外し可能!
出来は……まあ眼つぶってください。




ていうか取り外す必要もあんまりないんですけどね


装着!!


いやぁー栄えますね!
角が生えただけで一気に豪華になります!
こいつは自衛隊の単眼とは違い双眼タイプですが、まあ値段も変わらないし厳つい方がいいと思ってこっちを選びました

ただ一つ欠点がありまして…
アームがプラであるために強度が足りず、本体が重すぎて落ちてきます。

本来であればこの位置なのですが、


ご覧の通り


がくーん


見事に折れてます。
まあ二千円ですしね
ゲームのときはアームだけつけて気分だけでも味わいます。


ではm(_ _)m  


Posted by 好季  at 20:54Comments(0)

2012年10月17日

悲報 




マグキャッチ折れました。



いや、突然の出来事です…。
マガジン入れたとたんに音もなく「ぽろっ」と。
もうびっくりですよ。注文しようと思って在庫確認したら「いつになるかわからない」だそうです
もうこれで、しばらくはHK416が相方ですね…
89式はしばらくお休みです

  


Posted by 好季  at 21:15Comments(0)八九式5.56mm小銃

2012年10月16日

弾納 比較



この業界の裏の汚い部分を知ってしまいました…。
ちょっとブルーです。



本日、楯桜さんというメーカーでダンプポーチとダブルマグポーチを購入。

じゃじゃん。

サバゲをはじめて5、6年ですかね
初のダンプポーチですね。今更過ぎます。

自分の中では「マガジンは捨てるもの」というイメージがあったので…
だってぽーんって飛ばすの格好いいじゃん( `Д´)

で、もう一つはマグポーチ。日本語で弾納。二本入るタイプです。
本当は二つ頼んだつもりだったんですが、まあクリックもう1回押すの忘れてたんでしょうね。届いたのは一個だけです。
代金表示されてる時点で気づけよ…。

ちょっと気になる点があったので、BlackHawk社製と比較。


楯桜さんと比べると、同じ陸自迷彩でも大分明るさが違いますね。
個人的には暗いほうが好きなので、後々また「染めQ」で少し色を暗くしようと思います。


今月こそはサバゲ行こうと思ってたのに、気づいたら月後半の休日が全部仕事で埋まってました…。
(ノД`)  


Posted by 好季  at 20:55Comments(0)陸自装備

2012年10月08日

89式のウェザリング

おざすm(_ _)m

珍しく朝から仕事。
で、今は休憩中ー。



ブラシポーチやらメイクポーチをいっそのこと、EODとかメディックポーチに変えれないか検討中です。
わかりやすくウッドランドとかマルチカムとかね。





ニュースなんかで見る自衛隊員さん達の89を見ると、相当使い込んでいるのか丁寧に磨いているのか、ハンドガードもバイポッドも銀ぴかです。きらっきらです。

本来使い込んでいってできるあの塗装のハゲですが、今回は自分であえてやってみようと思います。
ちなみに現在のうちの子。


とりあえず耐水ペーパーの1200~800でごしごし…。


とりあえず絶対に磨れるであろうエジェクションポートだけ。



真っ黒のボディーにちょっとシルバーが入るだけで、大分セクシーです(*´・ω・)

後はスチールだからこそできる被筒部分



あんまり触れない場所だと思うんですが、ニュースなんかで見るとピカピカなんで一応ね。
やり過ぎない程度に。でもまだ雑なのでもう少し攻めるつもりです。


ちなみに被筒部分にはレイルを追加。MP7の再度レイルをハンズで買った六角ネジで固定、移植しています。
被筒前部に装着できるレイルも販売されていますが、まあ折角のスチールだしね…。ということで。




  


Posted by 好季  at 21:02Comments(2)八九式5.56mm小銃

2012年10月07日

邦画の自衛隊



お久しぶりです。
生きてますよ。


最近は仕事のほうも落ち着いてきまして、またサバゲに熱が入りそうです。
いや、夏こそサバゲしたかったんですけどもね…。
浴衣の季節はいろいろと忙しいもので


最近はマルチカムに浮気しつつも、陸自装備も着々と増えていってます。

自分のようにオリジナルな自衛隊装備をされる方も、フィールドでよくお見かけしますが、やっぱりお堅い自衛隊装備も日本らしくて大好きです。

そんなわけで、映画で勉強しよう!

で、借りてきました宣戦布告。
まあ今更感は半端ないですが、いつものことなのでスルーしましょう。
























日本国内に、ある国の工作員数名が潜入し、山中に潜伏した工作員達と警察官、自衛官達が戦うという…。
まあざっくりばっさりこんな感じの映画です。

中盤から登場する自衛隊は、上層部からの射撃命令が降りずに、まあ日本らしくあーだこーだ、あーでもないこーでもないとやってるんですが、終盤は自衛隊がやたらめったら撃ちまくる作品です。


最初に登場する第十四普通科連隊の隊員さん方は、主に六四式を使用しているんですが、後半に登場する八九式を装備した空挺の隊員さんと、サスペンダーの取り付け位置の違いなど細かい点に気を配っているそうです。
ぱっと見では、まったくわかりませんが…。

ちなみに、




本当に一瞬ですが、マルイのSG550が出てきます。
いやわかんないもんですね。



憧れの六四式の発砲シーン。
プロップガンに仕込んだ色々なものがずるっと出てきちゃってます。




それでもお構いなしに発砲ー!!

まあチャンバーの中の弾丸を撃ったということで



今度は空挺さん。

M4系のテレスコピックストックを装備した八九式のカスタム。

撃ちまくりです。



ただやっぱりところどころにベースの面影が…。チャージングハンドルとかね



なんとM203装備です。06式小銃てき弾とか期待してたんですが、まさかのアドオン式でしたね



やっぱりお堅い陸自装備もいいですね!!
いつかは防弾チョッキ二型とかにも手出してみたいです。




さて次回こそ、更新した陸自装備の詳細説明とかしてこうかなと思ってます。m(_ _)m
では。
  


Posted by 好季  at 20:57Comments(0)