スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年05月12日

イサカショットガンのHOP修理


最近、勤めているサロンの事務所から派遣されてホストクラブのキャストのヘアセットを始めました。
昔のようにでかいハリネズミみたいな頭は最近はやっていないそうなので、なんか控えめなハリネズミ作ってます。
こんな仕事しといてなんですが、男は短髪と坊主頭が一番だと思います。
昔は自分も長かったんですけどね、今はもうばっさり切りました。ていうか、カットに行くたびにどんどん切る長さが短くなってます。
サバゲしてても筋トレしててもボクシングやってても、やっぱり短髪のほうが便利ですね


先月の土曜日に友人とデザートストーム川越にお邪魔してきました。
初めてのフィールドだったのですが、まあ風が強かった!本当にデザートストーム巻き起こってましたね。
で、写真なんですがほとんど撮っていないので、すみません…。遅れて到着した友人とは敵のチームになってしまったので、撮る相手もおらずに、一日ゲームに集中してました。

当日はもちろん陸自装備で行ったのですが、

89式→断線で動かない
イサカ→弾詰まりで動かない
グロック→故障中

というまさかの持ってきた装備が何一つ動かないという大惨事に見舞われまして
結局MP5をレンタルして一日通して戦ってました。

まさにポンコツですよ、ええ


で、今日は撮影の仕事が延期になって、突然のオフを貰ったので、この機会に直してあげることに
とりあえず89式は配線引きなおして、終了。ちゃんと動くし弾も出ます。特に難しいところはなかったんですが

問題はイサカ。
ばらした事もないので、探り探りでの作業になりました。
そもそもこのイサカ、前回ホップ調整をした時に、妙なパーツが飛び出し(?)以後元に戻せなくなるという、小学生みたいな事をやらかして以来ノンホップ状態で、完全に至近距離orインドア専用だったのですが
ゲームで弾測チェックの際、

フォアエンドを引く→トリガーを引く→ぼむんっ。

なんか変な音と共にジャムりました。
もうその場でぶん投げてやろうかと思いましたよ。なんですかぼむんって。

とりあえずついてるネジ全部取っ払ってバラすという、馬鹿でもできるやり方で、ばらんばらんにした結果

ホップパッキンに弾が食い込んでました。
こりゃ出る訳ありませんね。まあエアコキなので意外と原因は単純でした。
で、元に戻す前に戻せなくなったホップアップのパーツを組み込もうとするも、まったく入らない。

こいつですよ。このちっちゃいの。この小さいパーツの上から芋ネジを押し込んでいってパッキンを押して、ホップがかかる仕組み
だと思うんですが、そもそも入らないって事は入れ方が間違ってるか、もしくはまったく別の場所のパーツなのか?




…別の方法を考えることにしました。


あの小さいパーツが入らないなら、別のパーツをいれたらいいじゃない!

ジャンクパーツの箱にあったベアリングを入れてみました。
で、組み上げた結果は見事に発射。
ホップもちゃんと掛かってるし、問題なしです
ただ、やはり球体なのでホップは安定しませんね。左右にそれます。

まあ撃てただけ上等でしょう。個人的に文句はありません!

  


Posted by 好季  at 21:01Comments(2)警官

2013年05月11日

64式の床尾板



先日、我が家に長老が泊まりに着ました。
本当であればサバゲに行く予定だったのですが、お互い土日休みではなかったので、単純に飲みにいこうとなりまして

ただ長老の変態ぶりはいまだに健在でした。


カメラを構える不振な男


ちらっ


街角の最新ファッションアイテム。小銃を背負うと一気におしゃれさんです



飲んだり飯食べたりカラオケ行ったりと、いつもどおりだらだらしてましたね。
それよりもなによりも男と会話するのが久しぶりという謎の感動

いや、実際つらいもんですよ女の子ばっかりだと…


さて、前回購入した64式小銃ですが、弾倉と床尾板、いわゆるバットプレートがありません。
これでは格好もつかないので、とりあえず自作して蓋だけでも作ろうかということで、時間がない中作ってみました。

まずは百均でサンダルとマグネットプレートを購入



まずはサンダルを容赦なくぶったぎります。

ばっさり

で、おおまかな形を整えて本体の銃床部分の床尾板を取り付けるツメの部分に干渉しないよう、えぐります


切断面をあぶって整えます。まあ整えても大分汚いですが…


とりあえず黒テープを表面に貼ってみました。んんきたねぇ


次にマグネットプレートを銃床の大きさに合わせてきります。先ほどと同じように本体のツメに引っかかるように穴を開けていきます。


そして合体!今思ったんですけど、マグネット部分上にして貼り付ければよかった…。まあ付けちゃえば見えないですけどね


本体にぐりっと!無理やり感が否めない!!!


一応逆さにしても落ちません。



製作時間三十分、費用二百円。
短時間低価格に見合う出来栄えですね。きったねぇです。そもそも開閉式のあのプレート部分もないし
でも遠目から見ればなんとかわからないと思うし、「とりあえず」でつくったのでまあいいかな?

そのうちちゃんとした材料揃えてしっかり作っていきたいですね
その時はちゃんと開閉するプレートもつくっていきますよ!  


Posted by 好季  at 18:26Comments(0)六四式7.62mm小銃