2010年08月23日

いろんな特殊部隊

映画によって警察の特殊部隊の装備はまるっきり違うよね。


同じSWATでも持ってる銃器が全然違ったり。

映画のS.W.A.T.ではACOGとライトハンドガード装備のM4。サブウェポンにキンバー。

交渉人に出てくる特殊部隊は、MP5SDシリーズに、サブにはなんと高価なP226!
お金のある警察だぁー!

マトリックスに出てくるのはあれどこの特殊部隊?
M16やらスパスやら装備して、ビル内での戦闘なのに腰にはなぜか水筒?消毒液でも入ってんでしょうかね





一番気になるのは、アサルト13に出てくる特殊部隊。




主人公達を襲ってくる謎の武装集団がネタバレしちゃうと、同じ警察官って話なんですが、どうも登場する特殊部隊たちの装備が高価なもんばっか。






































メインにSG552を装備。他にもMP5やらM4A1やら謎のショットガンやら
サブにベレッタ。これは標準的。
しかしスナイパーライフルが AI Arctic Warfare(アークティク ウォーフェア)


……なんだかわけのわからん装備ばっかだなおい。











なんでいきなり特殊部隊の話になったかというと。

こないだの上野での買い物の後、ファミレスでだらだら昼飯兼夕飯。

今はまだ全員オリジナル装備を揃えるとして、いつかはやっぱり名前にちなんだE.S.U.装備をそろえたいと。



で、戦闘服の色でちょっと意見が分かれました。

黒がいいか、紺がいいか。

実際のE.S.U.だのSWATは最近ではもう色んな戦闘服になってます。ODだったりウッドランドだったり、もちろん紺色もいるし、黒もいる。

正直、自分の中では一番いいなー、って思うのが、紺色の戦闘服。


なんだか「警官!」って感じがするじゃん?














































この爽やかな笑顔にやられた……。

なんていうか、あのLAPDのポリスベストも好きだけど、NYPDは黒ベストだったら、プレキャリでもなんでもOKっていう、フリーさに魅力を感じたさ!


いいね、自由って!


最近は、他の地域の特殊部隊も色々と自由になってきてるみたいだけど。














で、黒い特殊部隊だとこんな感じ。


























なんていうか、こう……。
軍隊色っぽい感じがあって、嫌いではないけど、警察とはちょっと違うかな?
みたいな。


でも特殊部隊っていったら、やっぱり黒のイメージあるよね。

日本のSATも全身真っ黒装備いたし、海上保安庁のSSTも黒だったり紺だったり。









さぁー、迷いどころ。


これから先、警察系特殊部隊の装備を揃えていくにして、どんな装備にするか。


みんなで話し合いが必要ですねぇ。











で、もともとまだ宇都宮にいる頃に、長老と好季が二人で始めたSWAT装備。

自分の紺色戦闘服は、とりあえずパッチなしのタイプで、長老がLAPDのパッチつき。




























































……長老どうしよう。


ひとりだけLAPD主張しちゃってるからなあ……。


できればNYPDにしたいのに。






とりあえず、長老にはもう一着、NYPDの買ってもらうか!

大丈夫大丈夫!


いざとなったらLAPDのパッチぶぁーっ!!と引き剥がして、新しくNYPDのパッチ縫い付ければいんだから!!






Posted by 好季  at 21:00 │Comments(2)

この記事へのコメント
黒が使われなくなった理由として、負傷した際の出血量が分かりやすいようにとの理由です。
んで、黒の場合は相手への威嚇や隠密性とかもありますが最大の理由は隊員達にスペシャリティを持たせるため。
参考にしていただければ幸いです。
Posted by 通りすがりの壺屋 at 2010年08月23日 23:29
> 通りすがり さま
なるほどー!
美容師や医者の白衣と同じ理由ですね。

とりあえず今度みんなで話し合ってみます!
Posted by 好季 at 2010年08月25日 00:23
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。